まるさんぽ。

引っ越しボンビー ヤドカリOL 奮闘日記。

〈続〉女子の悩み*スキンタグ切除〜手術当日〜

いよいよこの日が来た。

 ついに、切除です!

 

手術の前日は、アルコール以外普段通り食事もとってOKでしたが、

念のため、夜8時以降の食事は控えました。

 

当日の注意点は、

 

施術6時間前から固形物は摂取NG

施術2時間前から水分も全てNG

 

予約時間よりも少し早めに到着。

三連休の初日だったからか、またもやすごい混みよう!

 

16時半には到着し、予約した17時ごろ呼ばれる予定が、結局呼ばれたのは18:30頃。

待ち時間はなにも飲むことも出来ず、お腹も空いてるしで、呼ばれる頃にはぐったりでした。

 

通された部屋は、なんと小さい手術室。

 

そりゃそーですよね手術しに来てんだから。

 

でも、マルはてっきり、普通の診察室みたいなとこでやるんだと思ってた。

日帰り手術ていうからにはすごい簡単なものかと思ってたから!

  

テレビで見るあの手術の円型ライトが上についていて、そのライトがいかにも手術ー!てかんじでソワソワしました。

 

横たわり、まずは点滴からスタート。

酸素マスクもされた。

 

まじかよ、酸素マスクって、これ、ふつーに手術じゃん!!

て思いながらされるがままに。

足も手も固定され、恥ずかしいのなんのって。笑笑

 

もー、開き直って無になるしかなかったですね。

 

ドクターが入って来て、麻酔スタート。

 

麻酔が入った瞬間から、全然記憶がありません。

意識も飛んでました。

 

ぼーっとするだけの人もいるし寝ちゃう人もいると聞いてましたが、マル、寝ました。

 

夢を見てたような感覚で、目覚めた時は寝ぼけてる感じ。

 

目が覚めはじめたとき、

 

マルさんっ、、、

 

と看護師さんの声が少し聞こえた気がした。

 

でも夢かもしれないし、呼ばれてないのに声出して返事したらなんだこの子は?と思われると思い、無視してみた。

 

そしたらまた、

 

マルさんっ、、、

 

と看護師さんの声。

 

やっぱさっき、呼ばれてたんだ と思い、

はいっ と小さい声で言ってみたら、

 

あ、起きたね〜おつかれさまでしたー(^^)

終わりましたよー

 

と。

 

えっっっ終わったんですかーー

 

とびっくり!!いつの間にーー!

 

しかも私が寝てる間にもードクターいないし笑

 

麻酔が落ち着いて普通に立てるようになり、

30分くらい安静にしたら帰って良いとのこと。

 

 

手術開始から約30分?40分ほどで終了。

 

あっとゆーまでした。

 

終わった後は全く痛みもなく、クリニックにさよならして電車で帰宅☆

 

がしかし、

クリニックを出てだいたい30分後くらいに、

帰りの電車でなんとなく違和感を感じ始めた。

 

あれ、、なんか痛いかも、

おsiri痛いかも痛いかも

 

不安になり始めたらすごい痛いと感じて来た

 

やばいやばいやばい怖い !!

 

急遽駅のホームで水を買い痛み止め摂取!

 

30分くらいしたら家着くし、

早く薬きいてーー  と願いながら帰宅。

 

家に着いてもまだ痛さがじわじわ。

 

やばい、痛い、薬効かないじゃん゚゚(´O`)°゚ 

 

と独り言いいながらベッドに倒れ込み、横たわりそのまま動けず。

 

その日はそのままもがき苦しみながらいつのまにか寝てました。

 

おつかれ、私。

 

続きはまた今度☆

(女性の為に少し参考になればと思い、術後の経過もちょこちょこ記録したいと思います)